長崎のグルメは奥が深いですよ

皆さん、長崎特有のグルメについて、ご存知でしょうか?

いくつか、ちょっとだけ掘り下げた解説をしたいと思います。

代表格は、長崎ちゃんぽんですね。今や「リンガーハット」が全国的に展開されていて、ちゃんぽんは最早長崎だけのものではなくなった感がありますね。

割とちゃんぽんの歴史は浅く、明治維新の後に定着したというのが定説です。

起源は、中国から日本に土着した中華料理屋の店長が開発したとされています。

当時中国から多くの留学生が来日していました。彼らに安価で滋養高く、腹いっぱい食える料理を・・・・と工夫して作られたのがちゃんぽんだそうですよ。

もうひとつの代表格が「卓袱料理」。長崎では冠婚葬祭のフォーマルな席で振舞われるものです。

和食と中華を合わせたようなもので、最も特徴的なのは円卓を囲んで食するということです。

起源はずっと江戸時代まで遡ります。当時伝統的な和食は一人一人に「お膳」がセットされ、一人ずつに配膳されるのが当たり前でした。

ここに円卓の中央に盛られた大皿料理を各自取り分けて食すというパターンが、合理的で爆発的に普及したと言われています。

今では細々と長崎限定で生き延びているのが不思議なくらいです。

最後に、鯨料理を紹介します。長崎で割烹料理屋に入ると、普通に鯨が出されます。

五島列島でクジラ漁が盛んだったこともあり、長崎では長らく愛好されています。

クジラの大きさが、食べると体が丈夫になると信じられてきたことも影響しているようです。

最後に長崎を旅行するときには車で移動することが一番良いのでおすすめです。

県外、本州など遠くから長崎旅行を計画している人にはレンタカーがオススメです。

長崎駅、長崎空港が長崎の玄関口なので多くの人が利用しています。

この長崎駅や長崎空港でレンタカーを借りるのが一番いいのですが、現地に着いてから借りるよりも前もって予約しておいた方が良いと思います。

今ではインターネットの予約サイトで現地に着いてから借りるよりも格安の値段でレンタカーを借りることが出来るようになっています。

なのでレンタカー長崎空港などのキーワードで検索してネット予約するのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です