大分は温泉以外にも良いところがある

大分と言えば温泉県と言っているくらい温泉が有名ですが、温泉だけではありません。

私は焼き物が好きで日本の窯所を訪れるのが好きで大分の窯にも何回か足を運んでいます。

大分に行くときは飛行機を利用して大分空港で降りるのですが、そこでレンタカーを借りて大分の窯所に行きます。

レンタカーは大分空港で借りるのですが、前もってレンタカー大分空港というサイトで予約しておきます。

車が一番良いので大分を旅するにはレンタカーが最適なんですね。

そしてレンタカーで大分の窯所にむかうのですが、皆さんは大分県日田にある小鹿田焼ご存じですか?

器好きの方は是非、大分県日田市中心部からレンタカーで約30分ほどの場所、「皿山」という所に行って頂きたいです。

小鹿田焼は西暦1600年頃、朝鮮から来た陶工により開窯された福岡県にある小石原焼と兄弟窯です。

なので小石原焼と技法が共通するところが多いのです。

小鹿田焼の窯は全部で10件、小鹿田焼は一子相伝が開窯からの特徴で10件中5件は個人窯、残り5件は共同窯で運営されていまして全て「小鹿田焼」が共有のブランド名で個人名は入らないというのが特徴です。

焼き物自体もそうですが、この皿山、風景がとても風情があり、現在も川の水を利用して陶土を砕く唐臼が動かされていて、キーガタンと粘土を砕く音が聞こえ川のせせらぎが聞こえこの風景が昔の懐かしい日本にタイムスリップした気持ちになります。

ここ、皿山は重要文化的景観の1つに認定されていて、また残したい日本の音風景100選にも選ばれています。

小さな集落なのでレンタカーで一巡りしても2時間程度で回れます。

大分に観光に来たら、この里ならではの雰囲気や風景を是非楽しんでい頂きたいのと同時に素敵な1品を探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です